子供(未成年)名義の口座が作れる銀行や証券会社の解説 子供の教育費の実態、備え方、お得な情報を紹介しています。

住信SBIネット銀行インタビュー特集

教育資金・目的別口座の活用

特集
住信SBIネット銀行の目的別口座の活用)

住信SBIネット銀行インタビュー画面


住信SBIネット銀行のメリットの解説はコチラ


教育資金の備え方のアドバイスや住信SBIネット銀行の便利なサービスついてのインタビューを致しました。丁寧にお話し頂いていますので、ご活用下さい。


子供の教育費について

岩崎画面

質問)子供の教育費は個人差がありますが、皆さんどの位の金額を準備されているのでしようか?



住信SBIネット銀行画面


大学卒業まで公立を想定する場合と、小学校から大学卒業まで私立の場合では、教育費は大きく変わってきますが、学費だけを考えても1,000万円~2,500万というデータもあるようです。

岩崎画面

質問)子供の教育費は何時頃から準備する事がベストなのか教えて頂けますか?


住信SBIネット銀行画面
先ほどお答えした通り、学費1つとっても非常に大きい金額となりますので、準備が早いにこしたことはありません。毎月の生活費のなかからこつこつと準備をするしかないと思いますが、早い段階から準備されることをオススメします。



岩崎画面

質問)子供の教育費の為の準備として、どの様な方法が良いのか金融のプロからアドバイス頂けますか?



住信SBIネット銀行画面
毎月の家計の収支と積立てたい金額・時期を勘案して、まず貯蓄額を設定することをオススメします。(収入)-(支出)=(貯蓄)という考え方ではなく、(収入)-(貯蓄)=(支出)という考え方にすることがコツです。


それを実行する際には、弊社の目的別口座が便利です。口座開設と同時に作成される代表口座のほかにお客様自身で口座名をつけ、目標期間・目標金額を設定できる貯金箱のような口座です。ご利用いただける口座は最大5口座まで作成できますし、その中で円普通預金・円定期預金はもちろん、外貨預金もお預入れできますので、貯蓄を生活口座と切り分けて管理するのに大変便利です。

また、SBI証券の投信積立も弊社のSBIハイブリッド預金からご利用可能です。

教育費の参考資料



教育費の参考資料画面

教育費の参考資料画面



教育費の参考資料画面


教育費の参考資料画面

(文部科学省より参照)


住信SBIネット銀行の目的別口座の活用


信SBIネット銀行の目的別口座画面

口座開設と同時に作成される代表口座のほかに、預金者自身で口座名をつけ、目標期間・目標金額を設定し貯金箱のように利用できる預金専用の「目的別口座」が活用出来ます。

いろいろな目的の資金を、一人の名義内で分けて管理できる便利なサービスです。



信SBIネット銀行の目的別口座画面
イメージ


信SBIネット銀行の目的別口座画面
(参考資料・住信SBIネット銀行

コメント

親として、わが子が持っている夢(進路)はできるだけ実現してやりたいのが親心ですね。わが子の進学希望を、経済的な事で諦めてしまうのは親としてせつない事だと思います。

インタビューでお話し頂いた様に、教育資金を出来るだけ前もって無理なく少しずつ準備できれば、経済的な問題は解決できます。
教育資金の備え方は千差万別ですが、インタビューの通り、こつこつ積立て教育資金を出来るだけ早い時から準備することがベストです。


教育資金としてそなえるお金は別管理し、必要になる時期と金額をある程度明確にして目標をもつと良いと思います。
又無理な目標は長続きしないので、親が準備出来る所はしっかり準備して、不足の部分は奨学金を活用する等の選択枠も考慮すると良いでしよう。



今回インタビューでお話し頂いた「目的別口座」は、目標金額や時期を設定でき、こどもの教育費として別管理できる優れたサービスです。上記表の通り、目的別に定期預金にする事も可能なので、資金を高金利の定期で運用出来るのもうれしいです。



目的別口座を教育資金の準備に活用すると計画的にそなえる事ができます。


住信SBIネット銀行申込画面
父・母・そして子供も住信SBIネット銀行を活用してます。


インタビュー2へ続く (自動振込サービスについて)



⇒ 住信SBIネット銀行公式サイトはコチラ







powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional