子供にこんな事言ったら駄目なんじゃあないのか

子育てはそれこそ競争という所もあります。
生まれて来て検診で他の赤ちゃんは歯が生えてきたとか、離乳食が始まった・・
うちの子は・・とつい比較してしまうのも分かります。心配だからという気持ちと、私達はとかく他人と比較しがちです。

知り合いのお母さんがこんな事を言っていました。長女は頭が良く難関大学に進学したが、次男は頭はそれほど良くなくでもスポーツは出来る全国レベルだと
しかし、スポーツでは大学に行かずに結局大学も中退してしまい。今はどこかで働いていると、そして彼女は信じられない言葉を発した「次男は失敗作」だと

難関大学に行くことが素晴らしいのかと本当に思う、難関大学にさえ行けば
幸せが約束されているのか?

大学を中退したからと言って人生がそこで終わりな訳でもなく、就職して働いているだけで、自立していることが立派なんじゃあないかと思う。

まして自分の子供を「失敗作」と言う彼女神経がどうしても理解できず、彼女とは疎遠になった。

別の彼女は、子供が小さい時から習い事をさせ、あちこちに通わせ大きくなった時の進路でも「医療系の大学に行くことをやっと納得してくれた」と言っていた。
その後彼は大学を辞めてしまい。「俺の行きたい大学じゃあない」なんて言って物を壊す始末なんだよ 医者に連れて行ったら「●●って病気だった」生まれた時から病気だったと・・

彼女の子供の小さい時を知っているが笑顔のかわいい屈託のないこどもという印象があり、とても病気とは思えない。

一つ思うことは子供は母親の作品でも所有物でもない、親の影響は受けるけれど、だんだん自立して自分の向き不向きが分かる年齢になったら
親は見守ることしかできないのではないだろうか?

心配だから意見やアドバイスはするけれど、親の人生ではない、子供の人生だ
親があまりにも干渉し子供の人生のレールを引き過ぎると子供は息苦しくて仕方ない。反抗しないやさしい子ほど親の犠牲になってしまう

良い大学、一流の企業子供がそれを望むなら良いが、親の押し付けであっては行けないと考える

コメント


認証コード8272

コメントは管理者の承認後に表示されます。