子供とお金の使い方についての授業をする信用金庫があった

子供とお金の話を親子でした事があるだどうか?

何となくはあるかもしれない、「小遣いの使い方やお年玉の使い方」等々、子供が小さいうちは親に対しても素直な場合が多いでしようから
親の話にも耳を傾けてくれるでしよう


しかし、年齢が大きくなればなるほど自我があり、親の話などまともに聞いてくれないくなるのではないでしようか?


親自身のお金の使い方に子供は影響を受けやすいのも事実です。

値札の金額も確認しないで物を買う親の子供は、やはり「欲しいから」という理由で値札も見ないで物を買うのを身近に見て驚いた事があります。その人がお金持ちや富裕層だというなら、わからなくもないのですが、普通の家庭でした。


結果、お金のリテラシーなないばかりに親は老後難民状態にもかかわらず、お金を使う癖だけはなかなか抜けずにいるようです。


そんな親の子供は貯金することができず、その日暮らしの生活を
送る事になりがちです。


子供は親のお金の使い方を本当に真似するのだと言うことを感じた一面でした。


お金があれば、全てが上手くいくわけでもないのが人生です。
健康・大切な家族・友人・コミニティ・趣味・等々のバランスが取れてこそ、充実した人生を過ごせるのだとも思います。


しかし、生活と密接に関わるお金も大切な道具の一つだとも言えます。
そんなお金のファイナンシャルリティラシーを身につけるには
やはり、子供が素直なうちからが良いのではないかと思います。


義務教育の中でお金の授業がないのが普通の中で
豊橋信用金庫は「お金の使い方」の出張授業をしているを発見して
驚きと同時に、これが全国に広がってくれたら良いと思わずにはいられません。


good豊橋信用金庫!

http://children.account.dd-saving.com/index.php?go=tNcabz

コメント


認証コード2099

コメントは管理者の承認後に表示されます。