子供(未成年)名義の口座が作れる銀行や証券会社の解説 子供の教育費の実態、備え方、お得な情報を紹介しています。

子供が社会人になったら積み立てを勧める予定

子供が社会人になったら積み立てを勧める予定

子供が社会人になったら積み立てを勧める予定です!

我が家には大学生と高校生の息子が居ます。今が一番お金のかかる時期(焦)
息子たちが生まれたときに学資保険には加入しました。しかも一番最小単位の月々4,000円~5,000円というしよぼいプランです。

子供達が生まれた時の我が家の経済状態に余裕などなく、この「しよぼい」プランしか加入できなかったのが現実でした。

しかし、上の子が大学生になった時にこの「しよぼい」学資保険の満期金は
100万円になっていました!!

途中何度も解約しようかと考えた時期もありましたが続けてよかったー
チリも積もれば何とやらです。

この100万円は大学入学金と前期授業料に消えていきましたが
それでも、助かりましたから

子供が生まれると、いろんな面でお金がかかります。日常の衣食から習い事等々
子ども手当など焼け石に水です。もらえないよりありがたいですけれど

日々の生活を回すのに必死な20代から30代このころ、自宅を購入する話もちらほらとでて、住宅ローンやら、一家の大黒柱である主人の生命保険もMAXの金額を想定したり、車やら・・・

20代30代40代と自分たちの為に使うお金などなく

子供や家の為であくせく働き日常を回していました。

ふと、保険の見直しを考えはじめました。学資保険は途中解約は返戻金で損しるので、解約はしないものの、保険で教育資金を備えるのがベストではないかもと感じました。なせなら満期まで引き出しができない点や保険会社の信用リスクを伴う点、メリットとしては夫が死んだ時にその後の保険料の支払いをしなくても良い点でしようか

保険の利金が良いならば話は別ですが、別に学資保険で教育資金を備える必要もないと今は考えています。

全国の銀行を調べると、子育て応援定期なる積み立て定期預金を提示している銀行があります。

これが、利率が0.2%~と活用する価値があるんです。

まとまった資金があればもっと高利な利率の定期預金にしますが
なんせ日常を回すのに一苦労している訳ですから、毎月コツコツしかできないのが現状です。

しかし、毎月コツコツと千円単位だったとしても続ければまとまったお金に代わりますからね

話がそれましたが、資産家でもない管理人がまとまった資金を作るにはやはり積み立てが一番なんです。

これは私自身が実感しているので、後2~3年後に子供達が社会人になったら
給与の1割からできれば3割を積み立てすることを勧める予定です。

若いので安月給でしようし、欲しい物がわんさかあったり、しますが
若いということは、時間がありますこれが最大の武器です。

途中減額したとしても、ざっくりと1万円を30年積み立てすれば360万円になります。(利率は度外視)

これってまとまった金額と言えますよね!!

お金の勉強をしてリスク資産にもチャレンジすることも勧めたいですが、
まずはコアとなる安全資産を作るのが先決です。

人生予定そうりになど行きませんが、宝くじを当ててなど確率的に低いことを考え前に積み立てでコツコツお金を貯めてほしいのです。

お金が人生の全てではありませんが人生を豊かに過ごすために必要でもあります。その手段がお金であるというだけの話です。

千円でも1万円でも地道にコツコツこれが王道だと考えています。

今の団塊の世代のような生活が今の40代50代の人が送れるか?
子育てがある程度終わったら今度は自分たちの老後に備えたいのが本音でもあります。

そして、子供達には自分自身の脚でしっかりと立てるように、親を当てにするのではなく、精神的にも経済的にも自立して欲しいのです。

その為にも社会人になったら積立をしてほしい、大学まで行ってもお金の授業などないのがほとんどです。子供がファイナンシャルリテラシーを身に着けられることが親の務めではないかと最近思います。

コメント


認証コード0687

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional