子供の将来

子供の将来

大學生になった子供が、久しぶりに帰郷しました。私は仕事があり子供も地元の友達との約束があり、なかなか話も出来ずにいますが、ふと「就職は地元ではしたくない」「今住んで居る所の更新はしないで、知り合いの友達とルームシェアをしたい」・・等々をぼそっと言い出しました。

本音では、地元に帰ってきて欲しい物です。がそれは親の希望であり本人の希望ではないことを分るので、「お前の好きにした方がいい」とだけ伝えました。

始めての寮は私が何だかんだといろいろ探し決めましたが、知らずに子供も子供同士の関わりの中でこれならばというのがあったのです。

もちろん家賃は学生ですから親がかりになるので「ここまで」と決めた取り組みは伝えました。大学生にもなると本人も自分の意思をもっていますから

本音では地元に戻って欲しいや次の住まいも一緒に探したいと所ですが、
何時までたっても親がかりではやはりいけません。

全てのことではないものの、自分で決めて自分でやってみる 失敗してまたやってみる。そんな時期に来たのだと感じました。

綺麗ごとではなく「お前の人生だから、自分で決めなさい」と寂しさをぐっとこらえて子供に伝えた日でした。

コメント


認証コード0622

コメントは管理者の承認後に表示されます。