インフルエンザ

子育ての違いを感じた

我が息子2号君は、元気が取り柄の子なのですが、15日位から 風邪をひき始めた、普段から「手洗い、うがいをしなさい」と言い聞かせてきたけれど、
メンドクサガリの性格の為、手洗いうがいをしない 

部活動が忙しく、朝早くから夜遅くまで練習している為、医者にも行けず、
「休めないのか?」と何度聞いても「無理」といい


市販の薬で対応していたが、風邪を引きながら練習を休まないので
良く成る訳もなく、20日に医者へ インフルの検査もして貰ったがその時は陰性、風邪薬を貰い 「ゆっくり休むように」と言われたにも関わらず、次の日も練習に、3日分の薬は終わってしまい。 かかりつけ医院が休みの為又違う医者へ、4日分の薬を貰って、「ゆっくり、休んでください」と言われた


次の日遠征に行くことになっていた。この時私の中では、レギュラーとか遠征とかどうでもいいからという気持ちが合った



しかし、本人というか旦那が「せっかくAに上がれたのだから、遠征は絶対という」暗黙の押し付けが有る様に思い、息子は遠征に行った


5日という長い期間、最終日には40度の熱を出して帰ってきた
小さい時、42度位の熱が出て、思わず震えた



その時のことを思い出した

コメント


認証コード9956

コメントは管理者の承認後に表示されます。