子供の仕送りのやり方

子供の仕送りのやり方

親戚に今年から大学に通い一人暮らしを始めた甥っ子がいます。
同じ高校から同じ大学に通う友達も何人かいるようで、1人暮らしの食事は友達同士で卵を分け合ったりしているようで、「何でも作りますよ」と男の子なのに
大したものだと感心していました。



ふと、仕送りの話題になり 何でも親からの仕送りを一旦全額引出て、現金で自宅に置いておくそうなのです。 ビックリです。
「何故、そんなの心配じゃあないの?」と聞くと「引出するのに手数料が掛かるのと、近くに銀行がないから、その銀行のATMの営業時間に行ける時に行って引き出すしかない」と話してくれました。


それはどう考えても不便です。銀行のATMの時間に合わせて自分が動かなくてはいけないのは大変ですし、一回一回に手数料を取られていたのでは、学生の身分では大きな負担です。だから仕送りされた時に全額を引出、現金で管理するのでしようが、それも不用心です。


もしも、空き巣に入られたりしたら1ヶ月途方に暮れてしまいます。
一日千円以下で生活する学生にとって仕送りを盗まれたりしたら、本当に大変です。


そこで、今はコンビニATMを活用できて24時間365日ATMが使えること、入出金手数料も無料の銀行があることを教えてあげました。


そうすれば、銀行口座をお財布代わりにつかえ、一日使う分だけを引き出せば良く、何回引き出しても手数料無料ならば安心ですものね


「えーーーーーーー、そうなんだ そうしたい」と甥っ子は安堵していました。


学生に関わらず、入出金手数料は誰でも気になることです。今の定期預金の金利が低い時代に入出金手数料を払っていたら、金利なんて吹っ飛びます。


だからと言って甥っ子のように仕送り全額を引出、現金で持っているのも不安です。銀行は金利だけでなく、各種手数料も気にして賢く活用したいですね

コメント


認証コード5240

コメントは管理者の承認後に表示されます。